2004年08月07日

うさぎのウサ、手術を受けました

昨日は、人もうさぎも疲労困憊の一日であった。
心身ともに疲れ切って、23時頃になると猛烈な睡魔に襲われ・・・そのまま爆睡である (-_-;)
そのかわり、今朝は少々早く起きてしまった。

8/6のスケジュール

6:00 起床。ウサの食欲はない。
     12時少し前に病院へ連れて行く予定になっている。
8:00 病院到着、受付。(人間の。私が通院している。)
8:20 病院廊下で放射線科のスタッフに偶然会い、
     患部を見せたところ急遽受診が必要となる。
8:40 当初予定の採血検査終了。放射線科へ向かう。

放射線科へ到着すると、すぐに診察を受けることになった。
少し前まで首の付け根付近リンパ節に放射線照射の治療を受けていたのだが、放射線やけした皮膚がかなりベロンと剥がれてきたため。
診察の後、救急センターへ走り、今度は処置を受ける。
患部をガーゼで覆い、黄色いビニールテープで固定 (-_-;)
ビニールテープが、最もかぶれないテープなのだそうである。
そして次回、13日の金曜日に再度受診することに・・・。
「13日の金曜日・・・」と、つぶやくと、
「クリスチャンじゃないよね?」と、先生。
「いえ、ちがいます」
「じゃあ、13日の金曜日にね」
・・・ということで、放射線科の受診は終わった。

9:00 婦人科へ行き、受診。
     次回通院日とCT検査の日程を決める。

その後、会計をし、動物病院へ電話連絡を入れてから直ちに帰宅!
そして11時20分を過ぎた頃に、ウサを動物病院へ連れて行くため出発した。
今日も、ぶるぶる震えているウサ。
がんばるんだよ、ウサ! きっと良くなるからね。
到着後、暫く待ってから再度診察を受け、説明を聴き、ウサを病院へあずける段になる。
暴れて怪我をしないように・・・と、洗濯ネットのようなネットに入ったウサは、タオルでくるまれ、看護師さんにおとなしく抱っこされている。
よろしくお願いします、と頭を下げ、ウサの頭を撫でて「がんばってね、がんばってね」と声をかけ、病院を出た。
あとは、手術が終わるのを待ち、16時に迎えに行くまでひたすら待つのみ・・・。

人間だけが帰宅したのを見て、お留守番をしていたミーがショックを受けたようだった。
ふと気がつくと、そらまめのような形になってくたっと座り込み、口から牧草を1本長く垂らしている。
「ミーちゃん?」
と、声をかけて撫でてもぼんやりしており、ずっと口から牧草を垂らしたまま・・・。ウサのことを心配しているのだなあ・・・と思い、撫でていると、目を細くして、
「きゅう・・・きゅう・・・」
と、これまでに聞いたことのない悲しげな声で鳴き始めた。もしかしたら、ウサがどこかへ行ってしまったと思ったのかもしれない。
「ウサちゃんは、必ず戻ってくるからね、大丈夫だからね」
声をかけながら撫でているうち、何だか可哀想で涙が出てきてしまった。

15:30頃には、ウサを迎えに車を走らせる。
到着して暫し待った後、病院のケージで休んでいるウサを迎えに行った。
ケージは保温されており、すぐ傍には他所のお宅のウサギさんもいる。ウサは、ピンクのバスタオルの上でぺたんこになり、目をまんまるにして非常に速い呼吸をしていた。かなりショックが大きかった様子・・・。いつものキャリーケースに移し、そのまま待合室へ・・・。
待合室でもウサは呼吸を荒くしていたが、小さな皿に水を入れてやると、ごくごくと懸命に飲んでいた。ノドが乾いていたんだなあ・・・。
その後、先生から治療の説明を受け、術前術後の写真等もいただき、薬をもらって帰宅した。
帰り道は夏祭りの影響でひどく混んでおり、帰宅したのは17時頃。
家へ入り、第一にしたことは、ウサへの投薬である。ふだんウサが居る部屋とは別の部屋へ入り、ウサをタオル抱っこ! シリンジでシロップ状の薬を飲ませる。私と母と、二人がかりでやっとクリア! これを、もう2日続けるのか〜 (T_T)
そして、ようやくウサは自分の部屋、自分のケージへ戻る事ができたのだった。
ウサが帰宅して、ミーもようやく安心した様子。
まずは一段階クリアである。
この日は全員疲れ切っており、早々に就寝。

術後の状態

・口の中に違和感があるようで、もごもご動かしている。
・8/6帰宅後は、大量にではないが牧草と野菜を勢い良く食べた。
 その際の口の動きは、今朝までのぎこちなさがなくなっている。
 8/7は、野菜を少し食べている。
・元気はない。ナーバスになっている様子で、疲れ切っている。
 8/6散歩の時間の大半はソファの上で横になって休んでいた。
 (これは当然であろう)
 8/7朝は、立ち上がって「撫でて」の催促を数回するが、
 まだしずみがちである。
・頭を撫でていると、マッサージ器のような振動が伝わってくる
 ことがある。細かく口の中を動かしている様子。
・術後、まだバナナは食べていない。
・8/7朝、お通じは少量。
・8/7、給水ボトルから何度か水を飲んでいる。

暫くの間は様子を注意しながら看病し、見守っていくしかない。
でも、きっと良くなる。
身体の違和感や、ストレスが徐々に緩和されて行けば、きっと良くなってくれるだろう。
そう信じて、がんばろう!   
posted by ウサゾウ at 10:15| Comment(2) | TrackBack(0) | うさぎ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うさちゃん&ウサちゃん 想像以上に大変だったの拝見して私の呼吸も浅くなって読んでいました^^;
不安いっぱいなのでしょ〜ね、兎のうさちゃん。。
デリケート言ってたものね・・・。
時間が解決してくれると言うけれども、動物は本能で生きているので苦しい時は辛いよね。
でも一生懸命に頑張っているのは同じなのでしょ〜ね。
愛おしぃよね・・・
ウサちゃんも大変でお疲れ様でした<(_ _)>

早く よくな〜〜ぁれヽ(^。^)ノ
Posted by ryona at 2004年08月08日 02:15
ありがとうございます♪
昨日の夜から、だいぶ食欲が回復してきたようです^^
もう暫く時間はかかると思いますが、
人もうさぎも根気良くがんばらなくては〜!

うさぎは体調の悪さをなかなか表面に出さないそうです。
捕食される側だから、弱味を見せられないという理由で、
ギリギリまでガマンするのだとか・・・。
辛かったと思います。
動物たちが懸命に生きる事を頑張っているのを見ると、
本当に愛しさと力強さを感じます^^ 
Posted by ウサゾウ at 2004年08月08日 11:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419525

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。